わきがに直接的な効果が期待できる汗止め

汗止めでワキガを治す際の留意事項について紹介します。汗止めの際には塩化アルミニウムがおすすめなんですよ。塩化アルミニウムは、汗を止める直接的な効果が期待できるものですから、当然アポクリン腺から出る汗の分泌についても止める効果を期待できる成分です。塩化アルミニウムが効果については収れん作用というものがあり、タンパク質を変性し、血管や体内の組織が縮めることによって汗腺そのものを鎮めるような効果があるのです。

ですので、ワキガを治す効果が期待できます。また、塩化アルミニウムは一般的な薬品にも使われている成分で、使用の仕方としては脇の部分をしっかりと水などで拭いた後に塩化アルミニウムの水溶液を染み込ませたティッシュなどで、汗やニオイが気になる部位にこすらないように、軽く押し当てる程度でいいです。

ただし、濃度があまりに高いものですとワキガを治すことよりも副作用が出るようなことがあります。小さな水の膨れができたり、皮膚がただれるようなことがあるなど皮膚関連のトラブルが中心に症状が出るようです。副作用が出た時には、ワキガの治療をいったん止めて様子を見た方がいいでしょう。

ワキガを治す裏技